みゃうまつもは穏やかに暮らしたい

化学物質過敏症みゃうまつもの雑記帳 言いたいことも言えないこんなおからだじゃ~

東大ネコ研究~ネコ腎臓病治療薬開発続報

寄付専用フォームに宮崎教授からのメッセージが追記されました

こちらの

ネコ腎臓病治療薬研究への寄付専用フォームの

一番最後(下)に

このプロジェクトに携わる

宮崎徹教授からのメッセージが追記されました

 

 

utf.u-tokyo.ac.jp

フォームからの寄付の方法は前回の記事にございます↓

猫の宿命~ネコ腎臓病治療薬の開発支援寄付をしました - みゃうまつもは穏やかに暮らしたい

 

 

 

 

史上最速の寄付ペース

 

普段スマホに出てくるネットニュースはスルーするみゃうまつも

(スマホは有線通信じゃないので)

 

しかし昨日夕方

起床して機内モードを解除したとたん

TOPに出てきたニュースに思わずタップしてしまいました

 

(2021/10/15追記

↓ここに当時のyahooニュースのリンクがありました

現在記事がなくなってしまったようです)

news.yahoo.co.jp

 

 

7月12日から7月14日午前9時までの約2日間に

集まった件数と金額が

 

 

約2900件!

(うち1件はみゃうまつもだ!うれしい!

約3000万円!

(うち5千円はみゃうまつもだ!しょぼい!いやいや金額ではない心だ!

 

 

東大ネコ研究


すごい…ネットすごい…

語彙がやばいみゃうまつも

 

 

 

そして仕事から帰宅後さらに

 

(2021/10/15追記

↓ここに当時のyahooニュースのリンクがありました

現在記事がなくなってしまったようです)

news.yahoo.co.jp

 

7月16日までの5日間で

 

 

約6400件!

2倍以上!

約7400万円!

約2.5倍~!

 

 

おおお

おおおお!

おおおおお!

もはや言葉ではない

 

 

ネコ腎臓病治療薬研究の苦難を知る

 

最初の記事に今回の研究がなぜ中断されたのか

今までより詳しく書かれていました

 

新型コロナウイルス感染症の影響とは

そういうことか…

 

 

そして宮崎徹教授のメッセージから

 

いかに困難な道のりをたどり

やっとここまできた!

という時に中断せざるを得なかった無念

 

他の治療薬と異なる点が多く

大変に苦労されていたことや

 

協力してくださっている企業さん

多くの獣医さん

(宮崎先生は医学部ですので獣医さんではないのです
の事も知り

 

薬の開発、流通の大変さを

分かっているようで

やっぱり分かっていなかったんだなと反省

 

 

腎臓病と闘っている猫、生まれてくる猫のためにも そして

今回の2つの記事

先生からのメッセージを読んで

 

 

やはり1回の寄付で終わらせちゃだめだ

みゃうまつものなかでの

一時のムーブにしてはいけない

…と改めて思いました

 

 

この言葉にできない感情を忘れず

でも

自分に無理をさせず

継続した支援をしたい…

 

 

今まさに苦しんでいる猫ちゃん

これから生まれてくる猫ちゃん

一緒に戦っている飼い主さんや獣医さんの為に

 

そして

虹の橋のふもとにいる猫ちゃん

悲しみでいっぱいの飼い主さんの為にも…

 

 

 

みゃうまつもは薬を作れない

治療もできない

 

けれど

これらニュースを知ることができた

 

なら

みゃうまつもなりのアクションを起こせると信じて

残業や休日出勤ができるくらいには

身体を丈夫にしておかなければ…